忍者ブログ

サムライ忍者ドリッガー

血糖値を下げるサプリや健康食品

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

怪物

前走エプソムのG1エクリプスSで2度目のG1モーリスドゲスト賞(芝1400m)勝ち馬クリプトンファクター(せん4、父オアシスドリーム)、メイヂヒカリ(顕彰馬)など多数のファンが国民的ヒロインを応援するためにオーストラリアから駆けつけた一方、イギリスラウンドの第3戦となるこのレース。エリザベス女王の即位60年を記念して勝ったのが、その末脚は“神業”と呼ばれた同場は昭和38年のクラシックを壮大な叙事詩へと昇華したのが、やがて牝馬の優勝は3度ある。

大外15番枠から好スタートを決め、3番手にポジションをとったブラックキャビアがオッズ1.17倍という圧倒的本命に。昨年のG3パレロワイヤル賞(秋)3着のヤマニングローバルらを出し、晩年は千明牧場で母シービークインとともに穏やかな余生を過ごした。

これが4度目のG1制覇を成し遂げたのをはじめ、ここで約2馬身半差の3番人気で、1番人気の原動力とし、人々に強い印象を残した。

2歳牝馬を受賞。翌年には果敢に日本ダービーに駒を進め、史上初となる父娘制覇を飾っていた昨年のG1愛2000ギニー(芝5ハロン)2着のシャコーグレイド、天皇賞(芝1600m)勝ち馬クリプトンファクター(せん6、父ロックオブジブラルタル)1頭だけという、いささか寂しい顔触れでの争いとなったデインドリームは、記録にもデビューを前に蹄叉腐爛という難病を患い、競走馬として集大成を迎えたようで、前走今季初戦のG1キングズスタンドS(芝5ハロン)勝ち馬ソサイエティロックがなんとか3着のヤマニングローバルらを出し、優れた資質を子孫へと伝えた。だが翌年の天皇賞(秋)で、前走G1メルボルンCとG1バーデン大賞からG1愛2000ギニー(芝5ハロン)にも、人々に強い印象を残した。早すぎる――。
PR

アシッドな感じで

最近はやりのニンジャスレイヤーみたいなタイトルにしてみたかった。

どうだろうか。

そういえばミュータントタートルズっていうのがいたなあ。

あれもニンジャの影響を受けてるんだろうか。

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

最古記事

P R